育児と仕事でテンパリママの日々どたばたブログ

現在派遣でパート中、旦那は激務、実家は遠い、転勤族のサポートなしでギリギリやってる体験談&お金と節約方法

月齢6カ月で入院と手術 母乳ママは絶対搾乳機がいります!

      2015/07/13

出産が終ってクタクタでやや放心状態の時に赤ちゃんの全身をチェックしていた先生が

「あ!この子おしりの上に穴があるわ」とさほど気にした様子でなく言いました。

疲れ切っていた私も頭がボーーーっとしていて、その時はさほど気にしていなかったのですが

次の日おもいっきり気になりだしました! 穴? あな? なにそれ?

赤ちゃんのおしりをみると爪楊枝ぐらいの穴がありました。

大きな病院を紹介されエコーの検査。

エコーで異常がみつけられた為、ねむり薬を飲んでも大丈夫な月齢でMRIの検査・・・

検査結果は病気ではなくただの穴という結果でホッとしたのですが、そこからが大変!

その皮膚洞をこのまま放置するか、手術してふさぐか家族にも看護婦さんの友達にも小児科の先生にも

相談できる人には相談したけど、どっちにもリスクがあるので決めるのはパパとママという事でした。

私と旦那が出した結論は手術して皮膚洞をふさぐ!を選びました。

おしりの上の手術なので手術した後はうつ伏せの状態で傷がふさがるまで過ごすと言うことでした。

麻酔の副作用と赤ちゃんがうつ伏せで退屈しないでじっとしていられる月齢6カ月がよいと病院の先生に

アドバイスされて、手術日も決まりました。

入院した病院は完全看護の病院で夜は病院へ預けて私は家へ帰らなければいけませんでした。

その時、完全母乳で育てていたので哺乳瓶で我が子はミルクを飲んだ事がありませんでした。

入院にむけてもちろん何度も哺乳瓶の練習をしたけどミルクをまったくのみません。

授乳した母乳を冷凍して病院へせっせと運びました。

搾乳機をもっていなかった私は手搾りでしぼっていましたがまったく追いつきません!

あわてて搾乳機を購入しましたが、搾乳機というだけあって、手搾りとは断然スピードと威力が違います。

この後、何度もお世話になる搾乳機。

母乳ママは1つはもっていた方がいいと思いますよ。

 - 子供の病気, 未分類, 母乳育児

  関連記事

産後の体重が減らないママ必見!ダイエットしないで簡単にカロリー制限できる方法

妊娠中にどれぐらい体重管理が出来ていたかにもよると思いますが出産後母乳をあげてい …

お誕生日会準備の仕方、飾り付けや招待状など疑問をスッキリ解決

私の子どもの頃は、仲の良い友達を家に呼んで誕生会を開く家庭が沢山ありました。内容 …

夕飯を作りたくない日の超簡単!我が家の献立とレシピ

毎日の夕飯の準備、栄養バランスを考えて品数も多く美味しい食事を!と思うのですが、 …

新一年生全員プレゼント!抽選で豪華プレゼントも当たりますよ♪

来年1年生になる息子がイオンCMをみて、みらいポケットのランドセルが欲しい!とい …

保育園の申し込みまでにやっておくこと♪

保育園、こだわりだすときりがないですが、そもそもこだわるもなにも入所できるかどう …

お家でカフェ気分♪無印良品の人気カレーランキング

カレーが大好きなのですが、子供は給食で出ることも多く、夜ご飯とかぶるといけないの …

牛乳飲んでも身長は伸びません!背を伸ばすのに必要なのは●●です!

身長が低いと気になりますよね?我が家の場合はクラスでも断トツ1番前の息子の身長が …

マイコプラズマ肺炎にかかった我が家の2人の子供の症状

マイコプラズマ肺炎は、小集団内で流行を起こすことが特徴のひとつらしく子供が通って …

赤ちゃん子供の熱がさがらない!診療時間外でも受診するべきポイントは?

赤ちゃんや子供の病気のサインでママが1番気が付くのは発熱が1位なんだそうです。急 …

子供の魚の目(ウオノメ)危険なイボの可能性大!治療経過公開中

子供がある日、足にイボが出来た!と言うのでみてみると、魚の目?タコ?のような小さ …